賭博罪のスペシャリスト

著書

賭けマージャンはいくらから捕まるのか?
賭博罪から見えてくる法の考え方と問題点

わたくし津田岳宏は、賭博罪に精通している弁護士です。

賭博罪がかかわる多くの事件や相談を処理してきており、たとえば、オンラインカジノプレイヤーが国内で初めて検挙された事件につき不起訴を勝ち取っています→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

朝日新聞、産経新聞、フジテレビなど、大手メディアにお声がけいただいたこともあります(右は、賭博罪の問題点を指摘した拙著です)。

これらの知識と経験を買っていただいた多数の会社の顧問を務めております。

賭博罪は、とくに事業者の方にとっては意外と身近な法律です。

たとえばイベントを企画するとします。盛り上げるために賞金を出したい。でも「賞金」を出したら、もしかしたら賭博罪になっちゃうのでは?→賞金付ゲーム大会と賭博罪

メディアにおいても、バラエティ番組の企画が賭博罪になるのではとネット上で指摘されるがあります→「ドキュメンタル」と賭博罪~表現の自由と賭博罪~

魅力的なコンテンツを企画したとき、賭博罪が問題になることがよくあります。

もちろん、パチンコ店や麻雀店など風営法で「射幸心をそそるおそれがある」とされている営業の関係者は、賭博罪と密接に関係します。

コンテンツの自由を守ります

賭博罪は風紀に対する罪とされています。風紀を乱すから処罰するというのが法の理屈です。

しかし、現実の賭博罪のあり方は非常に曖昧です。

たとえば競馬や競輪は賭博行為ですが、これは特別法で合法とされています。

パチンコも事実上の賭博行為ですが、風営法の枠組の中で事実上合法となっています。

その他の賭博行為ももちろん違法ではあるのですが、警察や検察が必ず検挙するとは限らないというのが法適用の現状です。

そういう曖昧な賭博罪ですが、人々を萎縮させるには十分な効果を持っています。

誰だって、捕まりたくはありません。

アクセントのある面白いことを思いついても、賭博罪になるかもと思ったら普通はやりません。

しかし賭博罪の成立要件は、一般の人が思っているより複雑です。お金が動けば賭博罪になるという単純なものではありません。(相互的得失

そのような中で、実際には賭博罪にはならないのに無用な心配をして実行を断念するというケースもあります。

結果、面白いコンテンツが世に出なくなります。

これは、社会的にも大きな損失です。

そういう事態にさせないのが私の役割だと考えております。

賭博罪の要件と運用について正確な知識を伝え、無用な萎縮から解放し、自由で魅力的なコンテンツをサポートする、私はそういう弁護士です。

当事務所の所在地は京都ですが、賭博罪やその関連法規については、東京を中心に全国各地の相談・事件を処理させていただいております。

お気軽にご相談下さいませ。

京都グリーン法律事務所
弁護士 津田岳宏